ayslie
ayslie

いつもそうよ 拗ねると君は
私の大事なものを隠すでしょう
その場所は 決まって 同じだから
今日は先に行って待てみるわ
季節たちや 夕日を連れて来て
影が私を見つけって伸び
びっくりした顔で 私を見つめてわ
急に口尖らせ ぶぃっと外見るの
ごめんねというと じゃこっちに来てよと
ね ほら 見て見て 影が重なった

傘がぶつかり まっすぐ歩けない
そんな私を見て 笑っているの
私もやって見せてあげるの 同じように 口を尖らす
やさしく笑う君が この時間が空間が
泣きたくなるぐらい 一番大事なものだよ
わざとどうからせってる 私にごめんねの
返事を待たずに やさしくキスしたの

これからはちょっとぐらいのわがまま言ってもいいよ。
でも、私にだけよ

めんどくさいからって素直じゃないんだから
なんで言えないのかな
好きだよ 一言よ
たまには聞きたいな
今日は私と君が苗字を重ねる日
愛が芽吹いた日

ララララ~~~~~ララララ~~~~

虹が綺麗だよ いや、お前の方が
照れはじめる君に
ありがとう ありがとう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつもそうよ。
すねるときみは。
わたしのだいじなものをかくすでしょ。
そのばしょはきまっておなじだから。
きょうはさきにいってまってみるわ。
きせつたちがゆうひをつれてきて
かげがわたしをみつけてのびる…。
びっくりしたかおでわたしをみつめては
きゅうにくちとがらせぶいっとそとそとみるの。
ごめんね。というと
じゃあこちにきてよと
ねぇ、ほらみてみて
かげがかさなった…。
かさがぶつかりまっすぐあるけない。
そんなわたしをみてわらっているの。
わたしもやってみせてあげるの。
おなじようにくちをとがらす…。
やさしくわらうきみが
このじかんがくうかんが
なきたくなるくらい
いちばんだいじなものだよ。
わざととがらせてる
わたしにごめんねのへんじをまたずに
やさしくきすしたの…。
これからはちょっとくらいのわがまま
いってもいいよ
でもわたしにだけよ
めんどうくさいからって
すなおじゃないんだから
なんでいえないのかな。
すきだよ。
ひとことよ?
たまにはききたいな。
きょうはわたしときみが
みょうじをかさねたひ。
あいがめぶいたひ。

la…la…la…
にじがきれいだよ。
いや、おまえのほうが…。
てれはじめるきみに
ありがとう。ありがとう。