delilah
delilah

自分自身の日常体験を、牛の涎のようにだらだらと書き続いた私小説。