liuaiez8
liuaiez8

君の知らない物語ーー七夕と星空と

いつも通りのある日のこと
君は突然立ち上がり言った
今夜星を見に行こう


たまには良い事言うんだね
なんて皆して言って笑った
明かりも無い道を

バカみたいにはしゃいで歩いた
抱え込んだ孤独や不安に
押し潰されないように

真っ暗な世界から見上げた
夜空は星が降るようで

いつからだろ
君の事を追いかける
私がいた

どうかお願い
驚かないで聞いてよ
私のこの思いを


あれがデネブ・アルタイル・ベガ
君は指差す夏の大三角
覚えて空を見る

やっと見つけた織姫様
だけど何処だろう彦星様
これじゃ一人ぼっち

楽しげな一つ隣の君
私は何も言えなくって

本当はずっと
君の事を何処かで
分かっていた

見付かったって
届く気がしないダメだよ
泣かないでそう言い聞かせた


強がる私は臆病で
興味が無いようなフリをしてた
だけど

胸を刺す痛みは増してく
ああ、そっか好きになるってこう言う
事なんだね


どうしたい?
言ってごらん
心の声がする

君の隣がいい
真実は残酷だ


言わなかった
言えなかった
二度と戻れない

あの夏の日
煌く星
今でも思い出せるよ

笑った顔も怒った顔も
大好きでした可笑しいよね
分かってたのに
君の知らない私だけの秘密

夜を越えて遠い思い出の
君が指を差す
無邪気な声で
lihao
李好咱表示看不懂。2010-08-16 05:17:11
kiyo
kiyoたまにいいこと書くね(あれ
これオリジナル?本当にいいよね。
いいもの見せてもらった。ありがとう。2010-08-17 10:55:09