liuaiez8
liuaiez8

永遠のスノードロップ

永遠のスノードロップ摘自《水月》琴乃宫雪线 最后的对话

瞳を開く。
真っ白な、夏の强い日差しが、網膜を刺激した。
「つ」
思わず颜をそむけたその先には、やっぱり白い——真っ白な世界があって。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「おはようございます」
「…おはうよ、雪さん」
もういちど、見上げた先には、彼女がいた。
真っ白な肤,色素の欠けた、だけどきれいな瞳。
琴乃宮 雪——僕だけのメイドさん。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「また、うなされていましたね」
「…怖い、夢を見たんだ」
「雪さんがいなくなっちャう夢」
「もう、嫌な夢を見るんですから」
「本当だね…夢の中で、みんなが雪さんのこと、觉えてなくて…それで…でも、雪さんの事を忘れられるわけ、なくて…」
かすんでいく視界を手でおおうと、冷たい、あの感触が传わって、
僕は、それを思いきり握りしめた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ふふ、痛いですよ、透矢さん」
「夢だったんだよね…ぜんぶ…」
だけど、手を離すころはできなかった。
「泣かないでください。透矢さんには雪がついていますから。ね?」
「うん…ぅ…」
いい子、いい子——
雪さんの手は、とても温かくて、優しくて…
なのに、僕の涙はどうしても止まらなくて…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「っ…ごめん…ね…みっともなくて」
「いいえ。雪も、ずっと夢を見ていますたよ」
「え?」
「透矢さんと、お别れしなけぱいけない夢でしたね」
「雪さん、それじゃあ…」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ですけど、ほら、透矢さんの手は、こんなにあったかい」
「…雪さんの手も、あったかい」
「はい。ぜんぶ夢だったんですよ」
「でも…」
「だって、雪と透矢さんは、こうして一緒にいるじャありませんか」
雪さんが、きつく、手をにぎりかえしてきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「うん…っ…ぅん…」
「あら…ふふ、雪のご主人様は、いつからこんなに、泣き虫になってしまわれたんですか?」
「雪さんが、いなくなってからだよ」
「でしたら、もう大丈夫ですね?」
「…そいだね。もう、泣くことなんて、ないんだ」
でも、泣けた。
恥ずかしくて、つい、話を逸らしてしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ところで、ここは…?」
「ふふ、どこなんでしょうね、雪におもわかりませんけど…こういうのをアヨイがといらのかもしらません。きれいな場所ですし」
あたりは一面の白。
まるで、彼女の名前のように…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ュキノハナ」
「それが、スノードロップとも言います」
「はは…雪さんの花だ」
なんだか、懁かしかった。
幼い顷、この風景を誰かと見たっけ…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「…」
でも、誰だかけ思い出せまかった。
まあいいや。
雪さんと一緒に見られたから、他の事なんか、いいや。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「二人きりの世界も、素敵ですよね」
「うん。誰にも遠慮しなくていい」
「本当ですね」
「雪さん、キスして」
「はい…」
ちゅっ、ちゅっ…
雪さんの唇が、何度も何度も、僕の颜中に触れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ずっと、こんな世界を夢見ていました」
「そうなの?」
「透矢さんとふたりきりで、たくさん面倒を見てさしあげるんです」
にこにこと言う。
人の面倒を見るのが、そんなに楽しいんだろうか…あいかわらずだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「はは、面倒を見るって…今までとおんなじだよ。ふたりきりになった意味がないんじゃない?」
「だって…ふたりきりになれぱ、嫌でも、雪のことだけ見つめてもらえると思ったんです。他の誰にも、この場所を渡さなくて済むと…」
「雪さん…」
「メイドですから。ご主人様の側にしか、居場所がないんです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「馬鹿だな。…雪さんはずっと僕の側にいてくれていいんだよ。いてくれなきゃ、困る」
「雪ちゃんなんか、いなくなっちゃえぱいいのに」
「あ…」
「子供の顷に…いちどだけ…」
「ひどいこと言ったね…ごめん…」
なでなで——雪さんは返事をする代わりに、優しく頭を撫でてくれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「…どうして、そんなことを言ったのか、覚えていないんだ」
「お母さまですよ」
「お母さま…?」
「ええ。雪がお母さまの代わりだったからですよ」
「?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「透矢さんのお母さまが、おっしゃったんだそうですよ。命わつながっていくものだから。ママが死めのは新しい命のためだと…。いつかママみたに頭を撫でてくれる人が现るから…ママにあげるはずだった優しさを、他の方にわけてあげなさい、と」
「…なのに、僕は、雪さんにそんなことを言ったの?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わかりますよ。だって、あの顷の透矢さんにとって、急に现れた雪は、お母様の言う新しい命だったんですもの」
「ああ…」
…雪さんのために死んだって、解釈したのか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ごめん…本当にごめん」
「いいんですよ。ただ、あのときからずっと夢を見ていたような気がします。本当に必要とされているのか、いつもでここにいていいのか。なんのためにいるのかと…ずっと」
「答えは?」
「わかりません。ただ…大きくなるにつれて、雪に住む世界が逺うんだと、漠然と理解するようにはなりました」
「…」
「いつか、ふわっと、ゆきだけが别の世界に連れていかれるんじゃないかって…」
存在してはいけない者——山ノ民。
そして「雪さんなんかいなくなっちゃえぱいいのに」という言葉。
お互い、そんなささいなことを。心のどこかで認めてしまったから、離れ離れになってしまったのかもしれない。
みんなに雪さんが見えなくなってしまったように、僕の世界から、雪さんは、いてはいけないものになってしまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「そんなことさせないよ。もう。離さないから。——だからね。自分に疑問を持ったりしちゃ駄目だ。僕だけに雪さんだよ。他の誰のものでない」
僕の頭を撫でてくれる人、雪さん。
ママの代わりに现れた人。
僕たちの出会いは、あの日の僕の願いの结果なのかもしれない。
だから、本当にありえないはずの雪さんが、僕の前に现れたのかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆき——
夢が、魔法の力で、现実になった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ずっと、側にいて」
「そうですね。でしたら、ずっと…」
「ずっと?」
「ずっと、見つめていてください。抱きしめていて下さい。雪の事を忘ないように。雪は。ずっと透矢さんのことを愛してますから」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「うん…あ、そうだ」
「?」
「メイドさんをやめてっていうのは、撤回するよ」
「あら、どうしてですか?」
「だって、雪さんは、すぐにどこかに行っちゃいそうだから、もっと縛り付けておこうかと思って。メイドさんのまま、濑能雪になって」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あ…」
「どこかに行ってる暇なんでないよ。僕の家族で、僕の生涯の恋人で、僕の子供を産んでくれて、僕のためにだけ頑張ってくれる人。それが、濑能雪」
「…欲ばりなんですね」
「うん。ぜんぶ、僕のだから…駄目」
「いいですよ。雪は透矢さんの、おのなんですから、拒否権なんてありません」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「じゃあ…僕と结婚しよう、雪さん。一生僕のものになって」
「…谨んでお受けします」
「誓いのロづけ…したいな」
「はい……あら?」
空から、白いものが、ふわり、ふわり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「雪…」
「ふふ…ゆき、ですか」
確かに雪だった。
照りつける日射しは、確かに夏のものなのに、はらはら、はらはら…」
それは、そう、天使の落とした羽のようで——
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「つめた…」
ほほに、ひとひら、天使の落とし物。
「ねえ、知っていますか。雪ってひとつも同じ形をしていないんですよ」
「あぁ…聞いたことないんですよ」
「こんなにたくさん降っているのに…ひとつひよつ、命を持っているんですね。なんだが不思議です」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「そうだね…人間と同じだ」
はるが上空で选ばれた粒子が结晶となり他の何でもない、真っ白な雪のひとひらに变わる。」
落ちた雪は、*へと变わり、また新たな雪を生み出すため、天に帰る。
このひとらは、僕たちと同じなのかもしらない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「雪さん…子供ができたら、*っていう名前にない?」
「…もう、気が早いんですね。结婚式あが途中ですよ」
「ああ、ごめん。誓いのロづけを」
「…ん」
「…」
重ねた唇、触れあう体、传わる吐息——
今、そのすべてが、温かい。
雪さんは、こんなにも温かいんだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あ…」
「んぅ…」
唇を離す。
僕たちにのははを、*か传い、こばれ落さる。
新しい命が生まれる。
新しい夢が。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ずっと」
「ええ。ずっと…」
もう一度、くちびるを重ね——
僕たちは抱きしめ合った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界を祝福するように雪は降り積もる。
ふたりきりの、この世界に。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつまでも、いつまでも——