liuaiez8
liuaiez8

無限に広がる青空に聞き、巨大なる入道雲に聞き、眩しい日差しに聞き、大空の向こうへ飛んでゆく鳥に聞き、涼しい夜風に聞いても、「夏」の行方は変わることも無く不明だった。