rye
rye

熱烈なる心の懺悔——詩

 美——美という奴は恐ろしい怕かないもんだよ!つまり、杓子定規に決めることが出来ないから、それで恐ろしいのだ。なぜって、神様に人間に謎ばかりかけていらしゃるもんなあ。美の中では両方の岸が一つに出合って、すべての矛盾が一緒に住んであるのだ。俺は無教育だけれど、この事はずいぶん考え抜いたものだ。実に神秘は無限だなあ!この地球の上では、ずいぶん沢山の謎が人間を苦しめてるよ。この謎が解けたら、それは濡れずに水のから出て来るようなものだ。ああ美が!その上俺がどうしても我慢できないのは、美しい心と優れた理性を持つ立派な人間までが、往々聖母(マドンナ)の理想を懐いて踏み出しながら、結局悪行(ソドム)の理想を持って終わるという事なんだ。いや、まだまだ怖ろしい事がある。つまり悪行(ソドム)の理想を心に懐いている人間が、同時に聖母(マドンナ)の理想をも否定しないで、まるで純潔な青年時代のように、真底から美しい理想の憧憬を心に燃やしているのだ。いや実に人間の心が広い、あまり広すぎるぐらいだ。俺は出来る事なら少し縮めてみたいよ。ええ畜生、何が何だか分かりやしない、本当に!理性の目で汚辱と見えるものが、感情の目に立派な美と見えるんだらかなあ。一体悪行(ソドム)の中に美があるのかしらん?……

 ……しかし、人間て奴は自分の痛いことばかり話したがるものだよ。



                  ドストエフスキイ 「カラマーゾフの兄弟」

                  第三篇の第三、熱烈なる心の懺悔——詩