siebteschould
siebteschould

つかず離れず、俺だちを守つてくれていたそんな君の優しさガ、好きなんだ……