yuugao
yuugao

稲垣吾郎、映画に続きドラマでも悪役熱演「役者人生のステップアップ」SMAPの稲垣吾郎が14日、都内で行われたフジテレビ系新月9ドラマ『流れ星』(18日スタート)の完成報告会見に出席した。公開中の映画『十三人の刺客』で極悪非道の瀑君を演じ“悪人”としての新境地を開拓した稲垣は、同作でも上戸彩演じるヒロインに借金を負わせ、ギャンブルにハマり続ける“ダメダメな兄”として現代の悪役に挑戦。稲垣は「なかなか変わった役なので、役者人生の中でのステップアップとして頑張っていきたい」と強く意気込み、「なんか最近、悪役づいてはいるんですが…」と苦笑しながら「生まれながらに悪い人間はいないので、どういう環境で悪くなってしまったのかを掘り下げて演じたい」と役柄と向き合った。