yuugao
yuugao

【東京国際映画祭】堀北真希、『白夜行』で初の悪女役「すごく悩んだ」東野圭吾の長編ミステリーを映画化した『白夜行』(深川栄洋監督)が25日、『第23回東京国際映画祭』で特別招待作品として初上映され、主演の堀北真希、高良健吾、船越英一郎が舞台あいさつを行った。堀北は美貌をたてに、自分の手を汚さず周囲の人間を不幸に陥れる主人公?雪穂役で、究極の悪女に初挑戦。「好きな小説のひとつだった原作を具現化する緊張とプレッシャーはありましたが、素晴らしい映画になりました」と笑みを見せながらも、「どうやって役に近づいていったらいいのか、すごく悩みました。これも挑戦だと思って、がんばりました」と苦労した末の賜物であることをアピールした。