yuugao
yuugao

松雪泰子、母親役は 「自然に演じている」俳優の松雪泰子と神木隆之介が2日、都内で行われたNHKドラマスペシャル『心の糸』の会見に出席した。耳の聞こえない母親役を演じた松雪は「母性って奥が深い」としみじみ。今年は『MOTHER』(日本テレビ系)で母親役を好演しており、今回の役作りも気になるところだが「私自身も10歳の男の子の母なので、自然に演じています。母親である分、理解できるところがあるので、そこを反映できたらと思って演じています」と語った。息子の人生に大きな期待を寄せるろう者の母と、その思いを理解しつつも束縛から逃れんとする息子の対立などを描き、その末に生まれる親子間の絆を描いた同作。脚本は『砂の器』や『星の金貨』を手掛けた龍居由佳里が務めた。同作で手話に初挑戦した松雪は「微妙な心情を手話で表現するのにドキドキした。手話の言葉の表現の仕方は日本語の並びではなく、英語と似ているところがあり、普段の感覚と違うところが難しかった」と振り返る。と同時に「言葉がないから表現ができないとは思わなかった。表現を楽しむという点では、楽しかったです」と清々しい笑みをこぼした。母親の通訳としても手話を披露している神木は「親から子、子から親への愛情の強さ、大切さを実感した。もっと感謝しなきゃいけないなと思いました」と自身を顧みつつ、同作が伝えるメッセージをアピールしていた。NHKドラマスペシャル『心の糸』は、NHK総合にて11月27日(土)午後9時より放送。————儿子的新闻要好好报XDD